KCLスタッフブログ ~ブックとラック~
2012年4月15日(日)PM2:34|投稿者:KCLスタッフ

東北を記憶する

 

142冊。

 

これは、桑名市立中央図書館が所蔵している

「東日本大震災」に関する本の数です。

※本のデータの[件名]に「東日本大震災」を含む資料
 (4月15日現在)
 

あの震災の発生から1年が過ぎましたが、

この数字を、みなさま、どうお感じになられたでしょうか。

 

震災関連の本は、1年が経った今でも

たくさんの方が手に取られています。

ぐりこ も、日々の貸出や返却、選書の業務の中で、

これらの本が目に触れない日はありません。

図書館での募金活動も続けています。

 

「東日本大震災」に関する本の出版点数自体は、

この何倍もあります。
【参考】 国立国会図書館 カレントアウェアネス・ポータル
この1年間で刊行された東日本大震災関係の本はどれくらいか(記事紹介)
current.ndl.go.jp/node/20375 
 
図書館に務める者の一人として、

記録を残すことの意義、そしてそれらを提供することの意味を

思案している ぐりこ です。

 

 

さて、現在、中央図書館3階の特集コーナーでは、

「東北を記憶する」と題しまして、東日本大震災で

大きく被災した東北地方の特集を展示しております。

 

DSCF2177 

今回の特集では、三重県立図書館との共催で、

三重県出身の写真家 松原 豊(まつばら ゆたか)氏の

写真展「大槌町/2011夏・2012冬」も開催しております。

 

img-414175156-0001

 



 

松原氏が、震災後2度に渡って訪れた岩手県 大槌町にて

撮影してこられた貴重な写真とともに、

中央図書館で所蔵する震災関連の本や、

東北各県について知ることのできる本を

多数展示しております。

 

DSCF2172

 

DSCF2171

 

「東北を記憶する」の開催期間は

4月5日(木)~4月24日(火)の3週間です。

震災や東北について考える機会のひとつになれば、

と思います。

ぜひお運びくださいませ。

 

+++++++++++++

松原氏の写真展は、三重県内の図書館で順次開催されています。

写真展の詳細は、以下をご覧ください。

 
三重県立図書館HP
松原豊写真展「大槌町/2011夏・2012冬」を開催します
www.library.pref.mie.lg.jp/app/details/index.asp?cd=2012020377
 

(ぐりこ)

コメントを残す

    ブログ記事検索

    カテゴリー

    月間アーカイブ

ブログ記事検索

最近の記事

カテゴリー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

年間アーカイブ

月間アーカイブ

人気のブログ記事

フィード購読