KCLスタッフブログ ~ブックとラック~
2012年6月30日(土)PM3:05|投稿者:KCLスタッフ

本が濡れてしまったら…

梅雨に入り、蒸し暑い日が続いていますね。

 

今年の梅雨は雨が少ないようですが、中央図書館では、

雨の日には、カウンターでビニール袋を準備しています。

突然の雨や、マイバッグを忘れてしまった、という時には

お気軽にご利用ください。

 

さて、雨の日に限りませんが、みなさまは

「本を濡らしてしまった!」という経験はありませんか?

 

図書館のカウンターでは、利用者の方から、

移動中の雨鞄の中でのボトルからの水分

窓の結露や、お茶をこぼして…などなど、

さまざまな理由で本が濡れてしまった、と

ご相談を受けることがあります。

 

そこで今回は、ご家庭でもできる

本の水濡れ対処法をご紹介します!

 

 

紙でできている本にとって、水は大敵。

本が濡れるとどうなるかというと…

001

この本を濡らしてみると…


 ※ページ落丁のため除籍にする本を使用しています※


 
 

紙がふやけて、波々に…

紙がふやけて、波々に…



 

このまま乾かしても、紙はまっすぐには戻りません。

波打った状態で乾いてしまい、濡れてページが引っ付いて

はがれなくなってしまいます。

そのため、できるだけ早い対処が必要になります。

 

ここで登場するのが、白い紙。

図書館では一般的なコピー用紙を使っています。

図書館では一般的なコピー用紙を使っています。



この白い紙を、濡れた本のページとページの間に、

1枚ずつ、丁寧に挟んでいきます。(地道な作業です…)

タオルで水分をとりながら…

タオルで水分をとりながら…



濡れた部分に紙を重ねていきます

濡れた部分に紙を重ねていきます



 

該当箇所すべてに白紙を挟み終えたら、

平らな場所で、本をしっかり重しをかけてプレスします。

濡れ方がひどいものは、途中で白紙を取り替えながら、

待つこと数日…

 



ここまで修復できました!

完全に乾きました!


ここまで修復できました!

完全には元に戻りませんでしたが、濡れたページも

引っ付くことなく、ちゃんとめくることができます。



 僅かに紙が波打っていますが、本文が読めない程度ではありません

僅かに紙が波打っていますが、本文が読めない程度ではありません


 

コーヒーやお茶など、色のついた液体の場合は

紙に染みが残ってしまいますが、

このように早めにきちんと対処することで、

濡れた本は、ある程度修復が可能なのです。

 

とはいえ、

本は濡らさないに越したことはありません。

みなさま、この季節は特に、

雨や水滴などには十分気をつけていきましょう!

 


【参考】本の修理シリーズ

セロハンテープとの戦い??

本のページがはずれたら…

 (ぐりこ)

カテゴリー:図書館豆知識

コメントを残す

    ブログ記事検索

    カテゴリー

    月間アーカイブ

ブログ記事検索

最近の記事

カテゴリー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

年間アーカイブ

月間アーカイブ

人気のブログ記事

フィード購読