KCLスタッフブログ ~ブックとラック~
2013年5月5日(日)AM10:36|投稿者:KCLスタッフ

萬古焼の祖・「沼波弄山」特集開催中!

 ゴールデンウィークもあとわずかとなりました。

みなさまいかがお過ごしですか。

 

今回は4階「歴史の蔵」の前で行っている

「萬古焼(ばんこやき)の祖・沼波弄山(ぬなみろうざん)」

特集をご紹介します。

無題

階段で4階にあがってすぐ、「歴史の蔵」前で開催中!


 


萬古焼は江戸時代に沼波弄山によってうみだされました。

永遠に変わらないという意味の

「萬古不易(ばんこふえき)」の印が

押されたことから、萬古焼と名付けられました。

 

沼波弄山(1718~1777)は船馬町の豪商で、

自宅の窯で陶器作りを趣味として

行なっていました。

その後、別邸のある

小向村(現三重郡朝日町小向)にも

窯を築き、本格的に作陶を

始めたといわれます。

江戸の向島小梅(現東京都墨田区向島)にも

さらに窯を築き、桑名から原料を運んで万古

製作をしました。

江戸の小梅窯(こうめがま)で

作られたものを

「江戸萬古」「小梅萬古」と呼びます。

 

今回の特集では、

沼波弄山のご子孫の方からお借りした

パネルや掛け軸を展示しています。

色とりどりの萬古焼の写真や、

沼波弄山の掛け軸をみることができます。

 

この特集展示は6月4日まで開催しています。

ぜひ一度4階へお立ち寄りください。

<いるる>

コメントを残す

    ブログ記事検索

    カテゴリー

    月間アーカイブ

ブログ記事検索

最近の記事

カテゴリー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

年間アーカイブ

月間アーカイブ

人気のブログ記事

フィード購読