中央図書館イベント情報

第2回 kclビブリオバトル開催レポート

12月7日(日)、10年ありがとうイベント第22弾
第2回 kclビブリオバトルを開催しました!

 

ビブリオバトル2

※ クリックすると拡大します ※



 

ビブリオバトルとは、おすすめの本を持ち寄り、5分間本の紹介をして、
最も読みたくなった本(チャンプ本)を投票で決める!
という書評ゲームです。

 

☆ビブリオバトルについて、詳しくは公式サイトをご覧ください。
 →知的書評合戦ビブリオバトル公式サイト

 

中央図書館では、第1回のビブリオバトル5月に開催。
『時間』をテーマに、多彩な本と参加者が集まり、熱い戦いが繰り広げられました!

 

第2回 kclビブリオバトルは、8月に開催予定でしたが延期となり、
楽しみにしてくださっていたみなさまには、本当に申し訳ありませんでした。

今回は、テーマを『友』として開催。

4名の発表者と20名の観覧者のみなさまにお集まりいただき、
「本を通して人を知る、人を通して本を知る」
というビブリオバトルのコンセプトのとおり、
読書の持つ力、そして人の心の機微に触れられる、非常に味わい深い時間となりました。

ご参加くださったみなさま、そして発表してくださったみなさま、
どうもありがとうございました!

 

当日の模様をご紹介します!

 

まずは、スタッフによるビブリオバトルのルール説明です。
ビブリオバトルは公式ルールに則って行います。

ルールがあるからより面白い!みなさん真剣に聞いてくださいました。

ルールがあるからより面白い!みなさん真剣に聞いてくださいました。



 

続いて、発表者の方の自己紹介
初めてお顔を合わせる方ばかりの場ですが、ちょっぴり和やかな雰囲気が生まれました。

 

そして、いよいよ発表!
5分間のプレゼンと、3分間のディスカッション(質疑応答)です。

スタッフが青春時代の思い出をこめてトップバッターを務めた後、
3名の方が、それぞれの本と向き合っての熱い想いをお話してくださいました。

影法師

☆モッチーさん 『影法師』(百田 尚樹)☆
固い絆で結ばれた二人の少年の運命を辿る時代小説。
ベストセラーでもあるこの作品。読まれたことがある方からは、
「うなずくところが多々あった」、「共感できた」とのお声も。



 

 

北極圏

☆ワッターさん  『北極圏一万二千キロ』(植村 直己)☆
犬たちと共に耐え抜いた極寒の地の冒険記。
直己の強烈な冒険心と壮絶な体験の数々に惹かれながらも、
「作中、たった一言だけ吐かれた弱音に心を打たれた」
とおっしゃっていたのがとても印象的でした。



 

 

それからのハイジ

☆メロンパンさん 『それからのハイジ』(シャルル・トリッテン)☆
「あの『ハイジ』に続きがあるとは知らなかった」というお声も多数!
アニメの印象も大きい児童文学の名作の続編。
あの後ハイジたちは、どんな風に成長して、どんな物語を紡ぐのか…
メロンパンさんは「惹き込まれて読んでしまった」そうです。



 

発表された本は、第1回に引き続き、バラエティーに富んだラインナップ!

発表者の方の熱のこもったお話に、観覧者のみなさんも
うなずいたり、メモを取られたり。

そして、プレゼンも然ることながら、観覧者とのディスカッションの部分で
さらにぐっと心をつかまれるエピソードが紹介されるのが、
ビブリオバトルの面白いところ。

いずれの本にも読んでみたいと思わせるポイントがあり、
どの本がチャンプ本になるのか、全く予想のつかない展開でした。

 

それでも最後には、参加者全員による投票でチャンプ本を決めます!

投票の結果は、実は、4名とも僅差の大接戦となっていました!
その中、1票の差で見事チャンプ本に選ばれたのは…

 

『影法師』(百田 尚樹/著 講談社/刊) ☆発表者 モッチーさん

 

チャンプ本

おめでとうございます!!



 

 

今回も大変好評だったビブリオバトル。

観覧者の方からは、こんな感想をお寄せいただきました。

「本を通して人を知る…それがよくわかる様な気がします」

「読み手によって感じることも、好きなジャンルも違うので、
自分にとって新しい収穫がありました」

「第1回をみせてもらって楽しみに待っていました」

「とても楽しく参加させて頂きました。次々回位に出てみたいと思います」

 

参加してみて初めて分かるビブリオバトルの奥深さ、面白さ
次回開催もどうぞお楽しみに!

最後に、発表してくださったみなさま、本当にありがとうございました!!

 

 

第2回 kclビブリオバトル 発表順リスト

 

  ①『明日につづくリズム』 八束 澄子/ポプラ社発表者 あゆみん さん)

『影法師』 百田 尚樹/講談社 (発表者 モッチー さん)※発表では文庫版をご紹介されました

  ③『北極圏一万二千キロ』 植村 直己/文芸春秋 (発表者 ワッター さん)

  ④『それからのハイジ』 シャルル・トリッテン/ブッキング (発表者 メロンパン さん)

 

< ぐりこ >

 

 

2014年12月11日(木)PM8:19|投稿者:KCLスタッフ
カテゴリー:イベント

    ブログ記事検索

    カテゴリー

    月間アーカイブ

イベント・事業

イベント・事業

イベント記事検索

最近のイベント

カテゴリー

月間アーカイブ