中央図書館イベント情報

桑名市ビブリオバトル(中高生大会)を開催しました!

11月5日(土)13時半より、くわなメディアライヴ 1階多目的ホールにおいて「桑名市ビブリオバトル(中高生)大会」を開催しました。
ビブリオバトルとは「本の紹介コミュニケーションゲーム」のことです。
発表者(バトラー)は4名、観覧者(オーディエンス)は26名でした。

taikai

「お気に入りの一冊
」をテーマに、バトラー4名がそれぞれ本を紹介(各5分)し、
小学生を含む観覧者がしっかり耳を傾けてくれました。
その都度の質疑応答(各2分)では、参加者はバトラーの熱のこもった説明を聞くことができ、質問に答える姿、言葉のチョイスなどに親しみを感じたり、人柄にふれることができ、お気に入りの本の魅力が一層伝わりました。
まさに、「本をとおして人を知る、人をとおして本を知る」場となりました。

今大会で紹介された本とバトラーのみなさんをご紹介します。(発表順)

天と地の方程式3巻 富安陽子著 講談社
【光陵中学校 松嶌ひな菜さん】

no-1

あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない上・下巻 岡田麿里著 メディアファクトリー
【陽和中学校  加藤ひかるさん】

no-2

『ギャル男でもわかる政治の話』
おときた駿・4人のギャル男たち著 ディスカヴァー・トゥエンティワン
【桑名工業高等学校 新垣小桃さん】

no-3

『コールドゲーム』
荻原浩著 講談社
【四日市高等学校 坪井佑介さん】

no-4
発表いただいた四冊から、参加者全員が一番読みたくなった本を選び投票した結果、今回のチャンプ本は『ギャル男でもわかる政治の話』となりました。

中央図書館3階ティーンズの特集コーナーでは、バトラーの皆さんの手書きのPOP(本の紹介カード)と、ビブリオバトル関連本を展示・紹介しています。
<期間:2016年11月13日(日)~12月27日(火)>

参加者の皆さんからは、「面白かった」「意外な本に出会えて楽しかった」という感想をいただいています。ぜひ、ご家庭やクラスなどでビブリオバトルをやってみませんか?

 

2016年11月15日(火)PM2:13|投稿者:KCLスタッフ
カテゴリー:イベント, ティーンズ

    ブログ記事検索

    カテゴリー

    月間アーカイブ

イベント・事業

イベント・事業

イベント記事検索

最近のイベント

カテゴリー

月間アーカイブ