イベント・事業

桑名市立中央図書館で行っている、イベント・事業のご案内です。ぜひご参加ください。

» 「昭和の記憶」収集資料展

「昭和の記憶」収集資料展は、図書館が取り組む「昭和の記憶」事業の一環で、図書館が地域の中で郷土資料を収集し、その公開を行うものです。市民の方々に、特に「昭和」に関する郷土関連資料を提供していただき、「薄れ行く昭和の記憶の風化を防ぐ」為にそれをデータ化して整理、年に一度展示会を開催しています。

 

■第4回 「第1回ー第3回を振り返る」
■第5回 「桑名の学校と教育」
■第6回 「自然災害からの復興」
■第7回 「桑名の食文化」
■第8回 「受け継がれる桑名の神事 第62回 神宮式年遷宮奉祝」
■第9回 「桑名の交通」
■第10回 「10年の活動をふり返って」
■第11回 「伊勢大橋が見つめた桑名」

 

» 図書館を使った調べる学習コンクール

「図書館を使った“調べる学習コンクール”」とは、身近に感じる疑問や不思議に思う事柄について、図書館の資料を使って調べ、その結果をレポートにまとめて図書館へ応募するコンクールです。(公益財団法人図書館振興財団www.toshokan.or.jp/

桑名市では地域コンクールを開催しており、毎年多くの小中学生のみなさんにご応募いただいています。

夏休みを利用して、図書館の本をたくさん活用し、オリジナルのレポートを作成してみませんか!

 

■第12回桑名市「図書館を使った調べる学習コンクール」の作品募集

☆募集テーマ:自由(応募者本人が作成し未発表のもの)

☆応募締切:2016年9月6日(火)必着
☆対象:桑名市内在住、在学の方で小学生以上の方
※大人の方も挑戦していただけます!
☆応募方法:市内図書館で配布の応募用紙を添えて、市内図書館へ持参もしくは郵送。
※市内小中学校から応募用紙を配布された場合は、各学校へ提出してください。

詳細はこちら(PDF)
応募キットや作品例、作り方のポイントはこちら(PDF)
応募キット
作品例(高学年)
作品例(低学年)
作り方のポイント(高学年)
作り方のポイント(低学年)

調べる学習☆インタビュー(PDF)
-6代目「桑名のあうるさん」に聞く調べる学習のすすめ方

 

■第12回桑名市「図書館を使った調べる学習コンクール」の説明会

本説明会では、過去の資料の紹介や作品づくりのポイントについて解説します。

 

☆とき:2016年7月18日(月)午後2時~、7月21日(木)午前10時30分~
(※両日とも同じ内容です)
☆場所:くわなメディアライヴ 多目的ホール
☆対象:小学生以上(小学3年生までの方は保護者同伴)
☆定員:各日30名(先着順)

☆参加費:無料
☆申込方法:直接中央図書館窓口もしくは電話(22-0562)
☆申込開始:2016年7月11日(月)

 

■第12回桑名市「図書館を使った調べる学習コンクール」へ応募される方へ

  調べる学習相談窓口を開設します

 

みなさんの「なぜ?」「どうして?」のギモン解決のお手伝いをします!
あなたも「図書館を使った調べる学習コンクール」に応募してみませんか?

 

☆日時:2016年7月21日(木)~2016年8月30日(木)

13:30~17:00

*混雑時の相談時間は30分を目安とさせていただきます

☆場所:桑名市立中央図書館 児童コーナー

☆対象:第12回桑名市「図書館を使った調べる学習コンクール」へ応募される方

☆受付:中央図書館児童コーナーへ直接お越しください

(お電話での受付はおこなっておりませんのでご注意ください)

☆持ち物:筆記用具

 

■地域コンクール

 

■全国大会

 

» 桑名のあうるさん

桑名のあうるさんとは・・・
多くの方に、図書館を身近に感じていただけるよう、利用者の方から“図書館で輝く人”を抜擢し、4月から1年間、「桑名のあうるさん」として、桑名市立図書館のPRにご協力いただいています。

※あうる(OWL)とは、ハリーポッターでもおなじみのフクロウのこと。
フクロウは、ローマ神話では知性・学問の象徴です。
ここから、“輝く人”を「あうるさん」と名付けました。

■今までのあうるさん達